こぶな整形外科医院
施設紹介


当院の施設と診療内容

駐車場は、35台駐車可能です。検査は、レントゲン撮影、血液、尿検査、心電図検査の他、骨粗鬆症を診断する最新の骨塩定量器があります。リハビリ室では、各種の物理療法、温熱療法を行い、体操、運動の指導も行っております。また、コルセット、装具の処方も行っております。
 介護保険の意見書、身体障害者の診断書などの発行も可能です。
 また、入院や大きな手術が必要となる患者さんは、群馬大学病院、前橋日赤、群馬中央病院、済生会病院などに紹介し、退院後は当院にて治療しております。 


【受付】
 
【待合室】
 
【スタッフ】 【駐車場】
 
【レントゲンルーム】 【レントゲンルーム】

【診察室】


【骨塩測定器】

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という、カルシウム不足から骨の密度が減少し、骨がスカスカになり折れやすくなる病気があります。
自分の骨がどれだけ減少しているのかを調べる検査を、この骨塩測定器を使用し検査しています。「ちょっと心配だな。」と思う方は一度お越し下さい。


【リハビリルーム】
ゆったりとしたスペースに落ち着く暖色系の色で統一された室内は、
リハビリ中の方に喜ばれております。
 
【SSP1】  電気針の効果のあるマッサージ器
 
【マイクロ】 温熱療法器 【トプラー】 温熱低周波器
 
【マッサージベット】  腰と頚の牽引もできます



■診療案内 ■交通案内 ■施設紹介 ■院長あいさつ ■スタッフ紹介 ■まめ知識 ■問い合わせ ■HOMEへ

Copyright (C) 2001 KOBUNA ORTHOPEDIC SURGERY. All rights reserved.